津久井やまゆり園の元職員で、専修大学講師(社会思想史)の西角純志は拘置所にいる被告Aと面会を続けている。西角はやまゆり園の職員として2001年 - 2005年の間、亡くなった19人のうち7人の生活支援を担当していた。津久井やまゆり園の事件の背景には、被告自身の優生思想
161キロバイト (24,482 語) - 2020年3月16日 (月) 08:06



(出典 livedoor.blogimg.jp)


最後まで謝罪もなく、終わり迎える事も腹立たしいけどな‼︎

1 擬古牛φ ★ :2020/03/16(月) 14:40:28.90 ID:???

★相模原殺傷、植松聖被告に死刑判決…完全責任能力を認定

2020/03/16 14:19

 相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人を殺傷したとして、
殺人罪などに問われた元施設職員植松聖被告(30)の裁判員裁判で、横浜地裁(青沼潔裁判長)は16日、
被告の完全責任能力を認定し、求刑通り死刑を言い渡した。

 植松被告は16年7月26日未明、やまゆり園に侵入し、刃物で入所者19人を殺害、24人に重軽傷を負わせたほか、
職員5人を拘束するなどし、うち2人にけがを負わせたとして起訴された。
捜査段階から公判まで一貫して、「意思疎通のとれない重度障害者は*べきだ」と、差別意識にゆがんだ供述を続けた。

 公判では事実関係に争いはなく、事件当時の被告に、善悪を判断し、行動を制御する責任能力があったかどうかが唯一の争点となった。
検察側が「被告は人格に偏りがあるパーソナリティー障害だが、完全責任能力がある」と主張したのに対し、
弁護側は「*精神病の影響で異常な思考に陥り、突き動かされるままに行動した」として、心神喪失による無罪を求めた。

 植松被告は公判の被告人質問で、「責任能力を争うのは間違っている。自分には責任能力がある」と
弁護側の方針に異議を唱え、「なければ即、死刑にすべきだ」と訴えていた。

yomiuri online https://www.yomiuri.co.jp/national/20200316-OYT1T50043/


(出典 blogimg.goo.ne.jp)





2 名無しさん@15周年 :2020/03/16(月) 15:13:23.69 ID:JAvBfhShn

これほどまでに音投与の思いを大便した者がかつていただろうか


3 名無しさん@15周年 :2020/03/16(月) 15:42:37.54 ID:JPNB8oocu

意思の疎通不能の人間の介護経験者なら色々思うところはあるだろうな
法律として事件と社会としての事件
脳死や末期老人の治療も日本は心臓を基準とする信仰者が多いし
人は何をもって人となすか。
倫理や道徳を実際に負担する人間と外側で倫理や道徳を叫ぶだけの人間
まあ、結局は金で解決する問題なんだけどな。誰も喜んで出さないけど


4 名無しさん@15周年 :2020/03/16(月) 19:37:12.48 ID:sv8q/s/tH

うむうむ


5 名無しさん@15周年 :2020/03/16(月) 19:57:52.98 ID:8pFXauEm1

バカは*なきゃ治らないだから暴力団か政治家かテレビ局にやらされたんだろうが
どちらにしても死刑確定したらすぐに死刑にして盛られ


6 名無しさん@15周年 :2020/03/16(月) 20:33:38.58 ID:8pFXauEm1

相模19人ころし
京都あにめ放火
碓氷峠バスドリフト事件20人殺害
病院毒盛り50人ころし

これぜんぶ マスコミやらした 殺人事件だよ
ほんと わいどしょーら 犯人


(出典 amd.c.yimg.jp)