総合NEWS3150

当サイトは、Twitterや2chなどで話題の、政治、経済、芸能、
暴露ネタ、スポーツ、気象情報など、
様々なジャンルのまとめブログです😀
どこよりも早く更新していきます(^ ^)
3150ーー‼︎(^^)

    総合NEWS3150では、芸能、政治経済、スポーツ様々なジャンルの最新情報を 2ch、Twitterの情報まとめブログになります。 新しい情報を最速で更新していきます!

    カテゴリ: 女優○モデル


    朝比奈 (あさひな あや、1993年10月6日 - )は、日本の女性ファッションモデル、グラビアモデル、タレント、女優。 兵庫県洲本市出身。所属事務所は生島企画室。業務提携事務所はハーモニープロモーション。 小学校3年生から高校3年生までの間、陸上部に所属。兵庫県立洲本実業高等学校を卒業した
    23キロバイト (2,966 語) - 2020年8月24日 (月) 06:58



    (出典 data.smart-flash.jp)


    さすが!!スタイル良すぎでしょ!

    1 湛然 ★ :2020/09/29(火) 05:33:13.88 ID:CAP_USER9.net

    朝比奈彩、大胆スリットから太ももあらわ「最強に美しい」「抜群のスタイルですね」
    2020-09-28 15:42 ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2173026/full/

    asahina_aya
    https://www.instagram.com/p/CFqoiw-Azjs/

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)



     モデルで女優の朝比奈彩が28日、自身のインスタグラムを更新。大胆な美脚ショットを公開した。

     朝比奈は、27日に開催された格闘技の祭典『RIZIN.24』生中継番組にゲスト出演。観戦後の投稿では「RIZIN24の時の衣装はこちら」と、ピンクのロングドレスをまとったオフショットをアップした。「実はスリットが深めに入ってるんです!」といい、2枚目では太もものあたりまで大胆に入ったスリットから美脚を披露している。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【《朝比奈彩 》超美ボディー披露!大胆なスリットからの太ももが綺麗すぎる!!】の続きを読む


    竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日 - 2020年9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。最終所属はスターダストプロモーション。夫は俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。 1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。
    39キロバイト (4,486 語) - 2020年9月27日 (日) 14:40



    (出典 www.crank-in.net)


    憶測で答えに結びつけるのは良くないけどな。

    1 豆次郎 ★ :2020/09/29(火) 05:24:25.87 ID:CAP_USER9.net

    9/29(火) 5:00
    配信
    スポニチアネックス
    竹内結子さん、空白の1時間…家族と普段通り明るく夕食、その後何が

     女優の竹内結子さん(享年40)の訃報から一夜明けた28日、竹内さんが家族との夕食後、一人になってから発見されるまで約1時間が経過していたことが分かった。夕食時には家族と普段通り過ごしていたという竹内さん。「空白の1時間」に一体何があったのか。警視庁はショックを受けている家族が落ち着いてから詳しい経緯を聞く方針だ。

     竹内さんの自宅マンションは室内が2階建て構造のメゾネットタイプ。竹内さんは26日、夫で俳優の中林大樹(35)、長男(14)、次男(8カ月)の家族と一緒に普段通り過ごし、夕食後、寝室のある2階に一人で上がったという。しばらくして様子を見に行った中林が寝室で、竹内さんがぐったりしているのを発見。27日午前1時57分に「妻がぐったりしている」と119番通報した。救急隊員が到着した時にはすでに心肺停止状態で、遺書などはなかったという。

     捜査関係者は「夕食を終えた竹内さんが2階に上がり、中林さんに発見されるまで1時間ほどあったと聞いている。その間、家族は一度も竹内さんの姿を見ておらず、様子は全く分かっていない」としている。家族と一緒にいた時は変わったところはなかったといい「夕食時も変わらず明るく会話していたそうだ。そのわずか1時間後の急変だけに、家族は大きなショックを受けている」という。

     悲しみに暮れる家族はこの日も都内の斎場で遺体に付き添った。捜査関係者は「ご家族が竹内さんを見送った後、落ち着いたタイミングで改めて詳しい経緯などのお話を聞くことになる」と話している。

    ◆いのちの電話

    続きはこちらで↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b06c05662bdff56686757b5e58fcb2c6d2e2636b


    (出典 portal.st-img.jp)


    【女優・竹内結子、謎だらけ。家族との食事…そして、空白の1時間・・・に何があったのか?】の続きを読む


    石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は日本の女優・エッセイスト・ナレーター・タレント。本名・石田 百合子(いしだゆりこ)。愛称は「りり」「ゆりちゃん」「ゆり」「ゆりっぺ」。女優の石田ひかりは実妹。 東京都出身。母親は沖縄県石垣島出身。東京都立桜町高等学校に入学、東京都立青山高等
    44キロバイト (5,716 語) - 2020年9月14日 (月) 07:29



    (出典 grapee.jp)


    ほんと、こんな自殺の波終わってほしいな。

    1 ひかり ★ :2020/09/28(月) 19:27:10.03 ID:CAP_USER9.net

    女優の石田ゆり子(50)が、「どうかみんなの心に光を」と願いを込めた写真を公開し、ファンから感謝の言葉が相次いだ。

    石田は28日、インスタグラムを更新。輝く太陽をバックに、屋上で手を広げた写真をアップし、「秋晴れのいちにち。おひさまよ どうかみんなの心に光を 疲れた日々に光を みんなの体に底力をください」と願いをつづった。

    芸能界では最近、悲報が相次いでいる。石田はこの日のインスタグラムでそうした事態について具体的に言及しているわけではないが、この投稿に、「ゆりこさん、ありがとう」「落ちてしまいそうだったのですが、ゆり子さんの言葉でなんだか安心できます」「心が元気になります。ありがとう御座います ゆり子さんもお健やかに」といったコメントが多数寄せられている。 

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c93921e5252ed9010137e3d17fa2663b7ae2101c

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    【石田ゆり子、悲報続きの芸能界に「 おひさま、どうかみんなの心に光を」 胸に響く。。】の続きを読む


    江口 のりこ(えぐち のりこ、1980年4月28日 - )は、日本の女優。本名および旧芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県飾磨郡夢前町(現・姫路市)出身。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。身長170cm、血液型はO型。特技はピアノ、中距離走。 5人兄妹(双子の姉、兄2人、妹)の次女として誕生。
    22キロバイト (2,692 語) - 2020年9月28日 (月) 02:32



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    注目浴びるの苦手でよく芸能界入ったな。w

    1 ばーど ★ :2020/09/28(月) 15:04:12.34 ID:CAP_USER9.net

    クールな目つきに宿るアンニュイな表情。スラリとした長身に、凛とした佇まい。リアリティのある演技で、どんな役もこなし、作品をきりりと引き締める、比類なき女優。江口のりこさんが輝き続ける秘密とは?

    『半沢直樹』の国土交通大臣・白井亜希子役が強烈なインパクトを与えた江口のりこさんが、一躍脚光を浴びている。

    「いや~、世間の注目度が高い作品にたまたま出演しただけで、私自身は何も変わってません。出演のオファーをいただいた時は、前作が大ヒットしたことはもちろん知っていたし、自分とは縁遠い世界だと思っていたので、『なんで私なんやろ?』と驚きました。でも実際に現場入りしたら、雰囲気は他の現場と同じ。みなさん自分の仕事を淡々とこなしていたので、私もいつも通りに仕事ができました。ただ世間の関心が高すぎるのが…ちょっと。注目を浴びるのが苦手なので、正直、もうほっといてほしい(笑)。私にとってはどの作品も、同じ一つの作品にすぎないし、それに、今までだって頑張ってきたと思っているんですけどね~」

    江口さんのぼやきは、ごもっとも。芸歴約20年のベテランで、これまでも数多くの映画やドラマに出演して、存在感を放ってきた。シリアスからコミカルな役柄まで、オールマイティな役者として、確かな実力を存分に発揮している。江口さんが演じると、どの役もリアルな人間の質感と味わい深さを感じられ、たった数分の出演であっても強く印象に残る。クセや毒気の強い役でも愛着が湧いてくるから不思議だ。そんな幅広い役柄をこなしてきた江口さんは、毎回どのように役作りをしているのだろうか。

    「演じる役の職業のことを調べたりはしますけれど、自分の中で細かく作り込んでしまうと、現場の指示に素直に従えなくなるので、役作りは特にしません。どんなことがあっても臨機応変に対応できるように、とにかくセリフだけは頭にしっかり叩き込むようにしています。これは、劇団で習ったことのひとつですね」

    舞台、映画、テレビドラマと、多方面で活躍し、いくつもの役を掛け持ちすることも多い。しかし、混乱したり切り替えが難しかったりすることはないそう。

    「朝起きて、『あれ? なんで起きたんやろ。今日は何するんやったっけ?』と、ぽかんとなることはありますが、現場に入ってしまえば混乱することはないですね。そもそも切り替えという概念がない。役者さんの中には、役が抜けないと言う方もおられますが、『どういうことなんやろ』と思います。だってどんな役を演じても、結局は自分でしかないですもん。それを美術セットやメイク、衣装などによって、その役に見えるように作ってもらっているだけなので。特に映像の仕事はスタッフさんの力量が大きいですね」

    映像の仕事が増えても、劇団に所属し続ける理由は、舞台が自分のホームグラウンドという気持ちが強いから?

    「そういう意識はないけど、舞台は稽古時間が決まっていて、わりと健康的だし、どっぷりと落ち着いて作品について考えられるから好きです。映像のお仕事は、セリフさえ間違えなければ、次々と物事が進んでいくので怖くなる時があって。そんな時、劇団でひとつの芝居とじっくり向き合うと、今の自分を確認することができるんです。座長の柄本(明)さんに、『芝居はそんな簡単じゃないよ。もっと考えて、もっと探せ』と、芝居への姿勢を指摘されることがあります。どっかで簡単に解決するような癖がついてしまっているのかもしれません。だから定期的に劇団の舞台に立つことで、気を引き締めることができるんです。でも、映像の仕事も大切。もともとテレビドラマに出たいという思いは全くなかったんですが、やっているうちにドラマの世界もおもしろいなぁと思うようになってきました。特にそれを感じたのが『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』の現場でした。プロデューサーの小田玲奈さんを中心に、良い作品を作ろうという気持ちの強いスタッフや共演者ばかりで、前向きに取り組めたんです。でもやはり怖さはあるので、毎回みなさんに励まされながらやっている感じですね」

    これからも世間の評価は気にせず、長く演じていきたいと、江口さんは話す。

    以下ソース先で

    2020年9月27日 20時50分 ananweb
    https://news.livedoor.com/article/detail/18965097/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 thetv.jp)


    【江口のりこ「半沢直樹」で注目を浴びるも、本人は「ほっといて」】の続きを読む


    竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年4月1日 - 2020年9月27日)は、日本の女優、ナレーター。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。最終所属はスターダストプロモーション。夫は俳優の中林大樹。 中学校を卒業してすぐの春休み、原宿でスカウトされ現事務所に所属する。 1995年(平成7年)、大蔵省(現財務省)のCMでデビュー。
    39キロバイト (4,486 語) - 2020年9月27日 (日) 14:40



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    心優しい人なのに、、悲しいですね。

    1 幻の右 ★ :2020/09/28(月) 07:58:26.45 ID:CAP_USER9.net

    女優の竹内結子(たけうち・ゆうこ)さん(40)が27日午前2時前、東京・渋谷区の自宅マンションでぐったりしている状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

     竹内さんは、2016年に発生した熊本地震の被災地への支援を4年間続けていた。毎月寄付を受けていた一般社団法人「ロハス南阿蘇たすけあい」の井出順二代表理事長(47)は「信じられないです…。悲しいという言葉しか浮かびません。ただただ、無償の愛と支援を頂きました…。感謝してもしきれません」と涙ながらに語った。

     きっかけは16年11月、竹内さんがナレーションを務めていたBSフジのドキュメンタリー番組「一滴の向こう側」で井出さんの活動を紹介したこと。竹内さんは埼玉県生まれだが、代表作となった2003年の映画「黄泉がえり」を阿蘇で撮影した縁もあり、すぐに支援の打診があった。「最初は『公表はしないでください』とおっしゃって…。でも被災者が勇気付けられますし、活動の糧になるので(公表を)お願いしました」

     決して少なくはない額が一度も欠かさず毎月振り込まれた。今月も10日に寄付があったという。「竹内さんの寄付に助けられた人は数百人どころではないです。いつか『なぜ、こんなにして下さるんですか』と伺いたかったので残念です」

     現地までお忍びで足を運び、被災者と交流した。手紙のやり取りだけでなく、年賀状もお中元もお歳暮も必ず届いた。「何というか…失礼かもしれないですけど、男気というか男らしい女性という印象でした」。竹内さんは、被災地の復興になくてはならない存在だった。井出さんは「竹内さんに支援を頂いたことに恥じない活動をして、恩返しするしかないです」と涙声のまま誓っていた。(北野 新太)

     ◆熊本地震 2016年4月に熊本県を中心に発生した地震。当初は14日午後9時26分のM6・5の地震が本震とされたが、16日午前1時25分にM7・3の地震が発生し、14日のものは前震と考えられている。いずれも熊本県益城町で震度7を記録した。死者は震災関連死も含め273人、重軽傷者2809人(いずれも20年4月12日現在)。熊本では今年7月の豪雨でも、県南部を中心に甚大な被害が出た。

    報知新聞社
    9/28(月) 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b52f576fb20d3f62de759971cab6448449ec8292


    (出典 www.nikkansports.com)


    【《竹内結子》熊本地震被災地へお忍びで訪問や、4年間毎月寄付!今月もいつも通り寄付していた…。】の続きを読む

    このページのトップヘ