総合NEWS3150

当サイトは、Twitterや2chなどで話題の、政治、経済、芸能、
暴露ネタ、スポーツ、気象情報など、
様々なジャンルのまとめブログです😀
どこよりも早く更新していきます(^ ^)
3150ーー‼︎(^^)

    総合NEWS3150では、芸能、政治経済、スポーツ様々なジャンルの最新情報を 2ch、Twitterの情報まとめブログになります。 新しい情報を最速で更新していきます!

    カテゴリ:スポーツ > 格闘技


    RIZIN FIGHTING FEDERATION(ライジン・ファイティング・フェデレーション)は、日本の総合格闘技団体。略称はRIZINRIZIN FF。 かつて「PRIDE」を主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表だった榊原信行により設立。他団体とは競合しないフェデレーション(協会)を理念としている。
    23キロバイト (2,169 語) - 2020年6月24日 (水) 04:44



    (出典 nybiz.nyc)


    いろんな意見はあるし、大変と思うけど、
    格闘技ファンとしては是非成功させてほしい!

    1 THE FURYφ ★ :2020/07/07(火) 22:41:02 ID:sqCXRO459.net

    格闘技イベントRIZINは、4月19日の横浜アリーナ大会が新型コロナにより中止を決定した会見で、夏のメガマッチ構想を語り、
    期待されていたが、ついに実現へ向けて動き出した。全国で移動を伴うプロイベントは7月10日から会場キャパの半分以下で
    5000人以下、8月1日からは、会場キャパの半数以下で人数制限は設けない方針となっているが、いつまでその制限が続くか
    不透明だ。

    そこでRIZINは本日7日(火)19時よりYouTubeにて会見を行い、8月9日(日)と10日(月)に「ぴあアリーナMM」(横浜市)で2大会で
    行うと発表した。海外から選手が来日出来ないため、日本人同士の対戦になる。

    RIZINの榊原信行代表は「RIZINが誕生して以来、選手たちが沢山の素晴らしい試合を見せてくれ、ファンの声援がその選手たちの
    パフォーマンスを引き出してくれた。お互いの中で作り出す熱が本物になりかけたときの、青天の霹靂、コロナの蔓延だと
    思っています」と語る。

    そんな中、代表の背中を押したのはファンや関係者の声だった。「Twitterで『頑張ろうよ、何でもでもやるよ』という言葉に
    力を押されたし『クラウドファンディングやったらいい。協力するよ』と言ってくれた思いもあり、自分の覚悟が決まりました。
    どうなるか分からないけど新しいチャレンジです」と思いをコメントしている。

    ぴあアリーナMMは2020年の東京オリンピック・パラリンピックによるアリーナ不足解消の目的で横浜のみなとみらいに建設され、
    今年4月に開業、キャパは1万人を誇るが、その半数までが集客上限となる。そのため、RIZINは皆で作り上げていく大会とし、
    クラウドファンディングの実施も発表「選手のギャラも下げるわけにはいかない」とコメントした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/102d256bdb3cf5c59efd12608160b9d6c1f0893d


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【《RIZIN》榊原信行代表、魂の決断!!会見で横浜の「ぴあアリーナMM」で8月9日10日《2日間のビッグイベント発表》】の続きを読む


    木村 (きむら はな、1997年〈平成9年〉9月3日 - 2020年〈令和2年〉5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダム所属、芸能活動においてはWALK所属。母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年
    28キロバイト (3,774 語) - 2020年5月30日 (土) 23:18



    (出典 nobiciro.com)


    ここまで暴露されて、テレビ側の記者会見も何もないのはそれこそ異常やと思う!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/02(火) 01:26:36 ID:1zixHHgX9.net

    『あいのり』『バチェラー』、そして『テラスハウス』。一般人の男女が、生活をともにしながら“台本ナシ”で繰り広げる“リアル”な人間模様、恋愛模様に長期間密着する─。
    “恋愛リアリティーショー”と呼ばれる番組は、ここ数年、テレビだけでなく『Netflix』『ABEMA』など動画配信サイトでも人気を集め、数多く放送されている。

    そんな一大コンテンツで、前代未聞の痛ましい事件が起きた。通称“テラハ”と呼ばれる番組『テラスハウス』(フジテレビ系/Netflix)の現役出演者で女子プロレスラーの木村花さんが、
    自宅で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認されたのだ。

    「木村さんは、放送中だった最新シリーズ『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に出演していました。3月に配信された回で、男性出演者と口論になった木村さんが激怒。
    それがきっかけで男性が番組を卒業してしまったことで、彼女は猛烈なバッシングを受けるようになって……」(スポーツ紙記者)

    木村さんのSNSアカウントには、彼女を中傷する書き込みが殺到。《*》《*》《気持ち悪い》《消えろ》……あらん限りの誹謗中傷を連日浴び続け、木村さんの心はついに折れてしまったのだろうか。
    フジテレビとNetflixは番組の打ち切りを決めたが、「その前に木村さんを救えなかったのか」と、制作サイドの対応を疑問視する声が相次いでいる。

    「番組には、スタジオコメンテーターとしてYOU、南海キャンディーズの山里亮太、トリンドル玲奈、アジアンの馬場園梓といったタレントたちもレギュラー出演していましたが、
    事故が起こるまで、木村さんをフォローする人はいなかった」(前出・記者)

    番組は木村さんの炎上を知っていた

    木村さんは番組では、いわゆる“悪役キャラ”。

    「かつての女子プロレスのダンプ松本さんのような立ち位置です。スタジオのタレント陣は木村さんに批判が集まっていることは知っていたし、
    無論、スタッフも彼女の“炎上”については把握していた。それどころか、それを番組の宣伝に使ったフシもある。“『テラハ』は木村さんを見*にした”と言われてもしかたないです」(同・記者)

    『テラハ』のみならず、恋愛リアリティーショーにおいて、出演者たちへの誹謗中傷はかならずついて回るという。
    恋愛リアリティーショーの“はしり”として人気を集めた番組に出演経験のあるAさんが、重い口を開いてくれた。

    「オーディションで、制作スタッフさんから“番組に出るとアンチもつくけど、それでも大丈夫?”って聞かれて。意思確認だと感じました」

    もし攻撃を受けても、制作サイドは完全ノータッチ。

    「スタッフさんから何か対策をアドバイスしてもらったり、ということはなくて、完全に出演者任せ。相談にも乗ってくれません。
    私たちがすごく苦しんだり困っていても、見て見ぬふりをするスタッフさんたちを見て、この人たちにとっては“アンチもファンも一緒”なんだって」(Aさん)

    その一方で、恋愛リアリティーショーの収録には、制作サイドからの強い介入があるのではないか、という疑惑が常に囁かれている。

    「“台本ナシ”を売りにしながら、事前に出演者たちと筋書きやセリフを打ち合わせしている、と。
    『テラハ』でも木村さんはじめ出演者たちがスタッフの意にそう演技を何度も強要されていたと報じられています」(前出・記者)

    台本の存在を含めた過剰演出を、ほかの『テラハ』出演者たちは一様に否定している。
    だが、別の恋愛リアリティーショーに出演していたBさんは「台本や指示はなかったけれど……」と言葉を濁す。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d33ffdcd2051c734ae204e07876b9f0bdcacb4ff
    6/1(月) 21:00配信


    (出典 nobiciro.com)


    【《木村花》さんを追い込んだ“ヤバイ制作現場”を元出演者が暴露…!】の続きを読む


    ち居振る舞い続けるのもあんまり気持ちよくは見てないな」と意見した。 5月14日、事件の後日談がテラスハウスのYouTubeチャンネルで公開された。 後日談によればその後この事件に触れるものはおらず、ハウス内では無かったことになっている「もやもや」とした雰囲気だったという。前述の通り木村はコスチュー
    27キロバイト (3,651 語) - 2020年5月28日 (木) 08:55



    (出典 www.jiji.com)


    こうゆう問題をしっかり解決して、出演者をしっかり守るようにしてほしいですね。

    【『テラスハウス』木村花、死去でわかった「3つの問題」解決なしには前には進めない。。】の続きを読む


    木村 (きむら はな、1997年〈平成9年〉9月3日 - 2020年〈令和2年〉5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダム所属、芸能活動においてはWALK所属。母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年
    25キロバイト (3,354 語) - 2020年5月27日 (水) 03:22



    (出典 static.blogos.com)


    こりゃ、酷いな!批判されるようなキャラに持っていったのは番組の指示やったとは…

    1 ◆azusaI.91Q あずささん ★ :2020/05/27(水) 18:45:25.66

    女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が5月23日、急逝した。花さんは、昨年5月にスタートした恋愛リアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系)の新シリーズに途中から出演。プロレスでのヒール役のイメージのまま、同番組の中でも、強気で、まっすぐで、感情的な姿を見せていた。そうした振る舞いが放送されるたびに、SNS上には彼女を批判する言葉が並んだ。

    そして、今回の不幸の引き金になったとされるのが、番組内で起きた“コスチューム事件”だった。

    花さんが「命の次に大切」と語っていた、リングで着るコスチュームが入ったままの洗濯機を、ほかの出演者が誤って使ってしまう。乾燥機にかけられ、コスチュームはよれよれに縮んで着られなくなってしまった。花さんは激怒し、共演者の帽子をはじき飛ばし罵声を浴びせた。

    その様子を見ていた視聴者が反発し、SNSに「テラハ史上いちばん最低なメンバーだと思いました」「花*」などと書き込み、乾燥機にかけた共演者が番組を去ることが決まると「そっちがいなくなれ」などとダメ押しが加わった。

    「『テラハ』はフジテレビが制作しており、Netflixで配信された約1か月後にフジテレビ(地上波)でも放送されます。コスチューム事件が3月末にネット配信された時点で大炎上していましたが、5月18日に地上波でも同じ内容が放送されるとバッシングがエスカレート。翌日には未公開映像まで公開され、火に油を注ぐような格好になり、番組史上最大の誹謗中傷の嵐が巻き起こったのです」(テレビ局関係者)

    現在も『テラハ』の制作にかかわる番組スタッフはこう話す。

    「彼女が命を落とすまで、SNSでの誹謗中傷と真剣に向き合おうとしなかった。いまさら…いまさらなんですが…本当に申し訳ないと思っています」

    今回の事件を重く受け止め、現役スタッフの1人が重い口を開く決心をした――。

    ◆リアルなはずなのに、テイク2、テイク3

    《用意したのは素敵なお家と素敵な車だけです。台本は一切ございません》

    こんな言葉から『テラハ』は始まる。台本がない中で、花さんはリングの外でも“ヒール”を自ら演じていたということなのか。

    「確かに台本はありません。でも、ストーリーはこちらで作っていました」

    そう明*のは、『テラハ』の元スタッフだ。そもそも、週に2、3日集まって撮影をするだけで“共同生活”とは言えない状態だったという。

    「集合したら、撮影前に『どんな設定でどんな方向に恋愛を動かしていくのか』という説明を制作者から出演者に伝えます。出演者は、そのときに“今回はこの人と肩を寄せ合うんだな”“この人と本音で語り合うのか”と状況を把握するんです。デートに行く組み合わせなども制作者側の指示通りに動いてもらっていましたね」(元スタッフ)

    指示通りに撮れないときは“テイク2、テイク3”まで撮影することもあったという。

    「出演者の有名になりたいという欲とボーナスが、事件やハプニングを起こす起爆剤です。私がスタッフとしてかかわっていた頃は、キスをしたら5万円ほどのボーナスを渡していました。ただ、少し前のシーズンからはボーナスを渡さなくてもキスをするようになったし、ディレクターの指示にも素直に従うようになったので、報酬制度はなくなっています」(前出・元スタッフ)

    素直に指示に従うようになった理由には、1人の女性スタッフの存在があったようだ。元出演者の知人が語る。

    「スタッフの中に姉御的な人がいて、一時期からメンバーはその人の顔色窺いばかりしていたそうです。その人に嫌われると出演シーンが減ったり、おいしい“指示”が来なくなる。“姉御”との関係性にストレスを感じて卒業したメンバーもいると聞いてます。有名になりたくてテラハに応募する人が多いので、“姉御”がどんどん絶対的な権力を持っていったようです」(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/NEWS ポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20200527_1566605.html

    前スレ(★1の立った時間 2020/05/27(水) 17:26:24.75)
    【木村花さん死去】テラハの暴走、現役スタッフが告白 泥臭い人間模様を狙う [あずささん★]
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1590567984/


    (出典 webronza.asahi.com)


    【【テラスハウス】衝撃的な事実が…告白。木村花さんに「スタッフが演技指示」していた。。】の続きを読む


    木村 (きむら はな、1997年〈平成9年〉9月3日 - 2020年〈令和2年〉5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダム所属、芸能活動においてはWALK所属。母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年
    21キロバイト (2,928 語) - 2020年5月25日 (月) 23:54



    (出典 biz-journal.jp)


    フジテレビに何の責任もない事に違和感しかないですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/26(火) 08:51:20.36

    「このような悲劇はもう二度と繰り返してはならない」というムードが瞬間風速的に盛り上がるが、喉元過ぎればなんとやらでまたしばらく経つと同じような悲劇が量産されていく。いつまでこんなことを繰り返しているのだろうか。

    問題はなかったのか? 「テラスハウス」制作の関係者

     フジテレビの恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だったプロレスラー、木村花さんを死に追いやったと言われる「ネットリンチ」のことだ。

     ご存じのように、同番組内での木村さんの言動にイラついた”アンチ”の人々が彼女のInstagramに執拗(しつよう)な誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を行い、その数は1日100件にものぼり、バッシングは彼女の母親のSNSまで及んだという。

     将来を嘱望されていた木村さんの突然の悲劇を受けて、多くのレスラーたちが「狂っている」と怒りの声をあげたが、まさしく狂気の沙汰としか思えぬ粘着ぶりで、彼女に罵声を浴びせ続けた人間がかなり存在しているのだ。

     これを受けて今、「SNS上の謗法中傷が裁かれる社会」を求める声が急速に盛り上がっている。立憲民主党の蓮舫さんもSNSで「対策に動きます」と表明。現行のような開示請求からの罰金などの処罰だけでは抑止力がないので、さらなる厳罰化や、犯人の実名を公表するなどの「見せしめ」も必要ではないかという意見も出てきている。

     個人的には、ネットリンチは傷害や暴行と並ぶ犯罪行為だと思っているので、このような議論が起きるのは喜ばしいことだが、一方であまりこっち方面の話ばかりが盛り上がってしまうことで、ある企業の彼女の死に対する「責任」がウヤムヤにされてしまわないかと心配している。

     その企業とは、フジテレビだ。

    視聴者の関心をひくための「おいしいネタ」
     報道によれば、木村さんへの誹謗中傷は今年1月から増えていったというが、「*」「消えろ」などの目を覆うような罵詈雑言が寄せられるようになったきっかけは、3月31日配信の番組(第38回)だという。

     この中で、木村さんは大切にしていた試合用のコスチュームを洗濯機の中へ忘れてしまい、それを知らない男性出演者が洗濯・乾燥をさせて縮ませてしまう。思い出がたくさんつまったコスチュームということもあって木村さんは、この男性の帽子を跳ね飛ばすなどして大激怒。この彼女の言動が放映されたことで、”アンチ”が急増していったのである。

     では、フジテレビと番組制作を請け負うイーストエンターテイメント側が木村さんに向けられる人格攻撃をやめさせるように何かしらの対策をとっていたのかというと、残念ながら現時点ではそのような情報はない。むしろ、煽っていたと見えてしまうような痕跡があるのだ。

     テラスハウスはYouTubeチャンネルで未公開映像を投稿しているのだが、木村さんが亡くなる9日前の5月14日に『“コスチューム事件”その後』という動画をVol.1からVol.3まで”3本立て”としてアップしている。その中の1本の説明を引用しよう。

     「快が花のプロレスの衣装を乾燥機にかけてしまったことから始まったコスチューム事件。ついにビビと夢が事件について花と話をすることに。ビビの意見を聞いた花は涙をおさえきれず、プレイルームを飛び出す」

     どうだろう、「事件」という煽り気味のワードを使っていることからも分かるように、制作サイドとしても木村さんへの批判を和らげるどころか、視聴者の関心をひくための「おいしいネタ」として使い倒しているようにしか見えない。

    5/26(火) 8:16
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200526-00000019-zdn_mkt-bus_all


    (出典 thedigestweb.com)


    【《木村花さん死去》フジテレビ!ヘイトで煽っておいて無罪⁈ それは酷くない…?怒りの声続出。】の続きを読む

    このページのトップヘ