総合NEWS3150

当サイトは、Twitterや2chなどで話題の、政治、経済、芸能、
暴露ネタ、スポーツ、気象情報など、
様々なジャンルのまとめブログです😀
どこよりも早く更新していきます(^ ^)
3150ーー‼︎(^^)

    総合NEWS3150では、芸能、政治経済、スポーツ様々なジャンルの最新情報を 2ch、Twitterの情報まとめブログになります。 新しい情報を最速で更新していきます!

    タグ:とんねるず


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    32キロバイト (4,224 語) - 2020年9月12日 (土) 01:29



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    聞きたくはないけど、もうそうゆう時やな。

    1 れいおφ ★ :2020/09/13(日) 11:53:09.29 ID:CAP_USER9.net

    「『やっぱり俺*でいたんだ』って。脳も全然動いていなかったんでしょうね」。
    石橋貴明、58歳。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了以来、燃え尽き症候群になっていたという。6月、YouTubeチャンネルを開設し、息を吹き返した。

    「絶対負けない。27個目のアウトを取られるまで、野球はゲームセットじゃない」。
    お笑いに導かれた若き日、テレビと視聴率、「売れる」とは何か、規格外の笑い。40年の情熱を語り、若者世代に活を入れる。(取材・文:塚原沙耶/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

    「元とんねるずですかね?」
    「『みなさん』が終わって、うーん……。ほぼ、とんねるずは死にましたよね。それだけ命をかけてやっていましたし、
    チャンスをもらった番組だったし、いろんな思いがすべて入っていたので。……なんか、あれからおかしかったです。
    やっと、YouTubeでまたちょっと息が入ったというか、呼吸し始めた感じで、*でいましたね」

    肩書を尋ねると、「元とんねるずですかね?」。『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したのは、
    2018年3月。30年にわたる「みなさん」をまとめたDVD BOXは、終わったことを認めたくないから「たぶんこの先も開けない」という。

    「子どもたち、孫たちが棺桶に入れるんじゃないですか? 燃えるのかなあ、DVDって。
    火葬場の人が嫌がるかな(笑)。約30年間、毎週木金、『みなさん』の収録でフジテレビに行ってたんですよ。
    行かなくなって、定年退職したサラリーマンの方みたいに、燃え尽き症候群で。戦力外通告されて、テレビ大好きだったのにできなくなっちゃって、つまんねーなーって」

    今年6月、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が始動する。「みなさん」で苦楽を共にしたディレクター、マッコイ斉藤から、「タカさん暇でしょ?」と誘われた。

    「マッコイに『YouTubeってどういうことをやるんだ?』って聞いたら、『僕に任せてくれれば大丈夫ですよ。石橋貴明を面白くするのが僕ですから』って」

    「目指せ1万人」でスタートしたが、3カ月も経たないうちにチャンネル登録者数は125万人を突破。
    元プロ野球選手の清原和博が出演した回は、600万回以上再生されている。毎回、視聴者からの熱心なコメントが並ぶ。

    「テレビと違って面白いなと思ったのはコメントですよね。キヨさんの回なんて1万とかきてるから、読んでいると夜中の3時4時になっちゃって。
    『こんなふうに見てくれてるんだ』とか『こんなふうにキヨさんにあったかいメッセージ書いてくれてんだ』ってウルッときちゃう時がある」

    視聴者は自身と同世代かと思いきや、意外な結果が出ているそうだ。

    「(データを見たら)30歳までと30歳以上、52対48で若いほうが多かったんですよ。
    これは俺らに勇気を与えてくれて。娘の友達で20歳くらいの男の子たちが、貴ちゃんねるずを見てくれていると。
    『パパの面白いよね。伝えといて』って言われたのが、最近すげー嬉しかった話ですよね」

    元気を取り戻して、アイデアが次々と湧いている。
    「ここ数カ月、すっげえ脳動いています。『そうだ。次はあれを作ろう』とか、出るわ出るわ。『あっ、やっぱり俺*でいたんだ』って。
    脳も全然動いていなかったんでしょうね。面白いもんですね」

    (以下、長いので省略。記事全文はこちら)

    ●インタビュー動画あり
    https://news.yahoo.co.jp/feature/1798


    (出典 www.nikkansports.com)


    【石橋貴明からついに飛び出した「とんねるず」終了の言葉。YouTubeでさらなる高みへ。】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    32キロバイト (4,179 語) - 2020年8月1日 (土) 23:54



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    これはかなり気の毒な話だよな。演出も考えないとな。

    1 吸湿性守口CEO ★ :2020/08/05(水) 12:25:51.09 ID:CAP_USER9.net

    とんねるず・石橋貴明のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』が、チャンネル登録者数115万人を突破。動画視聴数も軒並み100万回を超えており、大成功を収めている。

     しかし、思わぬ弊害も出ているという。事の発端は、7月30日に配信された「飲食業界の為に、石橋が立ち上がる!新企画『東京アラートラン』」。石橋が新型コロナウイルスで疲弊している飲食店に出向き、料理や従業員などを鑑みて、4段階評価をするという企画である。

    初回は、スタッフの知り合いのお店でした。石橋はそうしたことも鑑みて、いつもの調子で毒づきながら食事やお酒を楽しんでいましたね。店主がメニューの産地を把握していないなど、確かにツッコミどころは多くあり、石橋もそのあたりをつついていたのですが、コメント欄を見ると、忖度なしの姿勢に称賛の声がある一方、石橋に加勢して、店主を誹謗中傷するようなコメントをする人も見受けられました」(芸能ライター)

    「このコメントでは飽き足らず、某口コミサイトには、店に行ったことがないにも関わらず、5段階評価中、評価を1にして「ヒドイ」など書き込む人が多くいた。ネットでは、この異常な事態に「この動画を見てこの店のクチコミ荒らしに行くのは違うからな?そんなことタカさんも望んでない」「コメント欄に感化されすぎてアンチ店長となった奴が店に嫌がらせの電話とかしないかだけ気になる。どーしょうもないあほっているから」と心配の声が挙がっている。いわば、ネットユーザーの心配が現実になってしまったのだ。

    同店の店主は元芸人さん。酷評された店主が最後に暴言を吐くのですが、いわばこれは演出的なやり取りです。もちろん、フリーな場面がほとんどだとは思いますが、スタッフと店主の関係性があるからできることです。視聴者の中には『最後のもマッコイの演出だろ 楽しむだけでいいのに本気で店叩く奴多すぎてウケるw』と気付いている人もいるようですね。お店が誹謗中傷されているのを知ってか知らずか、石橋は自身のTwitterで、頼んだメニューが人気になっている旨をつぶやいていました」(同上)

     石橋が取材した店への誹謗中傷が減ることを願うばかりだ。


    リアルライブ 2020年08月04日 21時00分
    https://npn.co.jp/article/detail/200006565


    (出典 news.mynavi.jp)


    【石橋貴明のYouTubeの演出により飲食店が風評被害!口コミが誹謗中傷の嵐に…】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    32キロバイト (4,179 語) - 2020年7月26日 (日) 03:09



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)


    凄いな!これは意地ですよね!
    これだけまだまだ注目度があったんですね!

    1 ひかり ★ :2020/07/26(日) 13:10:40.78 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明(58)のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」の登録者数が26日午前10時までに100万人を突破した。6月19日のチャンネル開設から1ヶ月あまりでの大台突破を実現した。

     石橋は、先月18日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNKおぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)にマッコイ斉藤氏とともに登場し「俺、YouTuberになろうと思って。マッコイが、いろいろやろうということで」とチャンネル開設を発表。プロ野球への造詣の深さや人脈を活かしたスポーツニュース動画や、阿佐ヶ谷姉妹、おぎやはぎをゲストに招いた動画などこれまでに13本をアップしており、そのほとんどが100万回再生を超えている。

     23日からは「3日連続スペシャル」と題して、元プロ野球選手の清原和博氏(52)が出演。先月、覚醒剤取締法違反による執行猶予期間が満了となり現在の心境を語っているほか、『とんねるずのみなさんのおかげでした』名物の“男気ジャンケン”も久々に披露し、大きな話題に。第1弾の動画は投稿から3日目ですでに400万回再生を突破している。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e0c5efb7a7da0db9efe5f032ebfddeca749c795


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【《石橋貴明》勝負に出た石橋の意地!!約1ヵ月でYouTube登録者100万人突破!清原氏、出演はでかかった?】の続きを読む


    ねるとん紅鯨団』が始まり「ねるとんブーム」を起こし、深夜番組ながら視聴率上位常連の大ヒット番組なる。1988年、代表番組『とんねるずのみなさんのおかげです』が始まり、開始直後から20%越えの高視聴率を記録。社会現象になるほどの番組となり、彼らの地位が確立した。その後も『とんねるずの生でダラダラいかせて
    149キロバイト (19,319 語) - 2020年5月27日 (水) 20:46



    (出典 geitopi.com)


    時代を感じるな!
    あれだけ人気があったとんねるずが地上波からいなくなるとはな。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/03(水) 13:14:12.58 ID:tBXypcO59.net

    今年でコンビ結成40年を迎える『とんねるず』が、ついにテレビから消えそうだ。

    「唯一のコンビでの出演番組『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)の特別編が、ゴールデンウイークの特番として5月3日に放送されたのですが、世帯平均視聴率は第1部が8.5%、第2部が9.2%で、いずれも2ケタを割り込んでしまったため、“次はなくなった”とウワサされているのです」(芸能記者)

     かつては民放キー局で複数のレギュラー番組を抱えていた2人だが、最後まで残ったフジテレビ系の冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が2018年3月に終了。石橋貴明がピンで深夜のトーク番組『石橋貴明のたいむとんねる』をスタートさせたが、わずか2年で終了した。

    「石橋は、さらに遅い時間帯、しかも関東ローカルという条件で『石橋、薪を焚べる』というレギュラーを何とか確保しましたが、木梨憲武に至ってはテレビのレギュラー番組は0本。土曜早朝のTBSラジオしかレギュラーの仕事がない状態です」(同・記者)

     とはいえ、一時はそろって高額納税者ランキングの常連だった2人。もう一生働かなくてもいいほどの蓄えがあるはずだが…。

    「金遣いも荒かったからね。一般人がイメージするほど残ってないのかも。その証拠に、とんねるずが売れているころは仕事をセーブしていた石橋の妻・鈴木保奈美と、木梨の妻・安田成美も仕事を入れるようになったからね。2人とも先行きに不安を感じてるのかもしれないよ」(民放関係者)

     精力的だった歌手活動の楽曲(全189曲)もサ*クリプションサービスで一斉解禁するなど、細かいもうけも気にしているようだ。

    「木梨は、親友の水谷豊から俳優業の仕事を回してもらったり、アートや歌手活動など多才だが、石橋は自分がメインの番組じゃないと出たくない。そのため、何度か特番に出演しているAbema TVに主戦場を移し、ユーチューバーデビューも狙っているそうです」(前出の芸能記者)

     いまだに解散説も流れるが、どちらが生き残るのか。

    2020年06月02日 20時00分
    https://npn.co.jp/article/detail/200004602

    前スレ 2020/06/03(水) 00:27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591111668/


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【あの『とんねるず』地上波から消え去る…いったい何故そうなった…??】の続きを読む

    このページのトップヘ