ROLAND(ローランド、1992年7月27日 - )は、日本のホスト、ファッションモデル、タレント、実業家。株式会社ROLAND GROUP HD 代表取締役。血液型AB型。 「現代ホスト界の帝王」と称される。 1992年に東京で生まれる。 帝京高等学校卒業後、帝京平成大学に進学するもすぐに中退
16キロバイト (2,031 語) - 2020年9月17日 (木) 09:05



(出典 contents.oricon.co.jp)


歯磨き粉を食べるってなかなかやばいやろ。

1 フォーエバー ★ :2020/09/19(土) 09:12:29.71 ID:CAP_USER9.net

18日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に、カリスマホストで実業家のROLAND(ローランド)が出演。貧乏時代歯磨き粉を食べていたことを明かした。

■閉店したホストクラブ「THE CLUB」はそのまま
歌舞伎町ナンバーワンホストとして一世を風靡したROLAND。新型コロナウイルス感染拡大のため、7月9日、自身が経営するホストクラブ「THE CLUB」を閉店するというニュースが流れた。

番組ではそれから2ヶ月、現在のお店がどうなっているかを探ると、店内は5,000万円のお酒が置いてあるなど、閉店時と変わらぬまま。店は閉店したが、まだ家賃300万円を払い続けているという。

■月300万円の家賃を払い続けるわけ
その理由についてROLANDは「いつかもう一度ホストクラブをやりたいから家賃を払い続けています」と目を見開く。続けて「大好きな仕事を手放すのはすごく悔しいし、あきらめる理由が見当たらない」と胸の内を明*。

とは言いつつ、まだまだ先が見えないコロナ禍。月300万円の家賃を払い続ければ1年で3,600万円だ。それでも「あきらめないという意思表示。決して安い金額ではないですが、3,600万円払う価値があると思う」とキッパリ言い切った。

■飢えをしのぐために歯磨き粉を食べる
そこまで強い思いのホストという仕事だが、決して順風満帆ではなかった。プロサッカー選手の夢が破れ、ホストの世界に入ったものの、最初は全く売れず。

当時住んでいた西新宿のアパートの家賃は6万3,000円。生活はカツカツで、50~60円のパンで凌ぐ毎日。それでも厳しく、「空腹時は持ち歩いていた歯磨き粉を食べて飢えを凌いでいた」とROLANDは仰天発言。

しかも先輩からは、ライターで膝を焼かれたり、「結婚している」と嘘をつかれたり、無理やり早食いさせられたりと壮絶ないじめも経験したと告白するROLAND。

■名言反省会
それでも、いまやROLANDの持ち味となっているビッグマウス発言をブログで発表するようになってから、徐々にお客さんに認知されるようになったという。

しかし、MCの中居から「ビッグマウスすごいよね」と振られたROLANDは「名言でも言い過ぎちゃったなってことはありましたね」と反省したいこともある模様。

「今年から俺の誕生日 祝日にする」「シャワーを浴びる時 オーラから洗う」「俺のチョキはグーを凌駕する」「ローランドが下を向くのは 出勤時に靴を履くときだけさ」と名言が次々に紹介されると、中居は「ギャグ?」と鋭い突っ込み。

ROLANDも「ちょっと違うなってものもありますよね」と苦笑いを浮かべていた。

2020/09/19 08:00
https://news.nicovideo.jp/watch/nw8133586?news_ref=50_50

(出典 i.imgur.com)



(出典 emomiu.jp)


【ROLANDが衝撃の告白…歯磨き粉を食べていた下積み時代を暴露!!】の続きを読む