総合NEWS3150

当サイトは、Twitterや2chなどで話題の、政治、経済、芸能、
暴露ネタ、スポーツ、気象情報など、
様々なジャンルのまとめブログです😀
どこよりも早く更新していきます(^ ^)
3150ーー‼︎(^^)

    総合NEWS3150では、芸能、政治経済、スポーツ様々なジャンルの最新情報を 2ch、Twitterの情報まとめブログになります。 新しい情報を最速で更新していきます!

    タグ:剛力彩芽


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,861 語) - 2020年9月6日 (日) 06:20



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    独立は完全に失敗やったよな。。

    1 ひかり ★ :2020/09/13(日) 07:35:58.63 ID:CAP_USER9.net

    8月いっぱいで大手プロダクション「オスカープロモーション」を退所し、独立した剛力彩芽(28)。今後は自身が社長を務める「ショートカット」で芸能活動を続けるとのことだが、前途多難だという。

    「独立早々、剛力さんのレギュラー番組が消滅してしまいそうなんです」

    そう語るのは、剛力を知る芸能関係者だ。

    「彼女が12年から出演してきた唯一のテレビレギュラー番組『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)に、MC交代の話が浮上しているそうです。当初は続投が報じられていましたが、『年内にも代役を立てる方向で検討している』と聞きました。

    もしくは『来年3月で番組自体が終了してしまうことになるかもしれない』と言った話も出てきており、予断を許さない状態になっています。ただどちらにせよ、剛力さんのテレビレギュラーはなくなってしまうことになります」(前出・芸能関係者)

    今後は来春公開予定の映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』のほか、ショートフィルムへの出演が決まっている剛力。だが、いずれも元事務所時代から受け継いだ仕事だという。本当の意味での“新たな仕事”は現時点で報じられていない。

    そんななかで剛力を支えているのが、交際中の恋人・前澤友作氏(44)だ。昨年11月に破局が伝えられていたが、今年に入ってから復縁報道が浮上。SNS上でも“お金配りおじさん”としてさまざまな支援に乗り出している前澤だが、剛力にとっても強力なサポーターになっているという。

    「実は今、剛力さんがABEMAの番組に出演する話が浮上しています。具体的にはドラマではなく、バラエティなどでの出演だと聞いています。もともと前澤さんにABEMAとの強いパイプがあったため、話し合いがもたれたのでしょう。

    彼女自身にとっても、レギュラー消滅危機のなかで新たな仕事がもらえるのはありがたいはず。今後は、ネットに主戦場を移していく可能性もありそうです」(別の芸能関係者)

    独立早々、転機を迎えようとしている剛力。果たして、新たな船出の行方は――。

    女性自身

    https://news.yahoo.co.jp/articles/63e01b87db8ab8abc1d9d2848627839a032514ea


    (出典 img.sirabee.com)


    【独立の剛力彩芽がいきなり大ピンチ!「アンビリバボー」まで危うし…レギュラー消滅待ったなしか。】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,861 語) - 2020年9月6日 (日) 06:20



    (出典 dot.asahi.com)


    ゴリ押し感がもの凄かったもんな。。

    1 少考さん ★ :2020/09/04(金) 07:21:01.62 ID:CAP_USER9.net

    剛力彩芽、オスカー退所…彼女を縛り続けた「ゴリ押し女優」の呪い(片岡 亮) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75381

    片岡 亮

    事務所に従ってきた女優の再スタート

    ■ゴリ押しタレントと言われ…

    女優の剛力彩芽が8月31日、所属事務所のオスカーを退社、独立することをインスタグラムで発表した。

    「18年間お世話になりました株式会社オスカープロモーションを退所し、独立させていただくこととなりました」

    長い芸能史を思えば、かつて禁句ですらあった「独立」の二文字を明記してタレントが大手芸能プロダクションから離脱するのは、時代の変化を感じさせる。これは公正取引委員会が、芸能プロとタレントの専属契約に違法性があるとの見解を出したことが大きいのだが、それでも芸能プロを抜けるタレントの多くはこの手の発表を最小限にとどめたりと、業界への気遣いがうかがえる。

    それだけ芸能界における芸能プロの力は強いわけだが、逆に言えば本来、これほどタレント側にとって心強い味方もいない。才能が多少不足しても強い営業力で大きな仕事を獲得してもらえるからで、剛力も世間じゃ身の丈に合わないぐらい強く売り出されてきた「ゴリ押しタレント」の代表格といわれてきた。

    そんな芸能プロをわざわざ抜ける。

    理由は、報酬・待遇面もしくは仕事の量や方向性への不満、人間関係の問題などが多い。オスカーでここのところ米倉涼子や長谷川潤、福田沙紀ら立て続けに退社が続いているのは、古賀誠一会長の娘婿、堀和顯(かずあき)専務が主導権を握ったことによる新体制への不満が原因といわれる。

    タレントから信頼されていた敏腕スタッフが次々に退社し、それを見て決心したタレントの話も漏れ聞く。公取委が奴隷的な契約を問題視し指摘したことは、オスカーの場合、タレントたちが独立する直接的な要因ではなく、あくまでタレントたちが同社のなかで抱えている問題を解決する手助けになったという形だろう。

    剛力は発表文の中で「これからは自分自身で考え選択し挑戦していくという新しい環境」に身を置く旨を書いている。つまりは自分で仕事の方向性も主体的に決めていくということ。そのとおり、彼女は良くも悪くも事務所の敷いた路線に黙って従ってきたアイドル女優だった。

    ■「優等生」だった
    もとは雑誌「セブンティーン」専属モデルだったところ2011年のフジテレビ系ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」で本格的に女優業をスタート。オスカーは特にテレビでの営業力に長け、スタッフが頻繁にテレビ局に足を運び、タレント資料を担当者の机に置いていくのを何度も見た。実際、9年前の取材メモを見返すと、剛力についてオスカー関係者が「次世代の大スター」として猛プッシュしていた事実も見つかった。

    ただ、現場で見た当時の彼女の印象は優等生的なものだった。沢尻エリカのような自己主張の強いタイプと違い、慣れない仕事の要求にも抵抗を見せず挑み、振る舞いが無邪気でありながら人を区別することなく笑顔で接していた。だから事務所にとっても推しやすいタレントだったはずだ。

    あの頃、オスカーのエースだった上戸彩が結婚を見据えてEXILEのHIROと交際中だったことで、武井咲とともに剛力が後継者としてプッシュされたのは間違いなかった。ただ、その技量が伴わないうちの大量仕事獲得は「ゴリ押し」と反発を増やしていった。

    初めてそれを感じたのは2013年のフジ系月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の主演で、これは原作ファンが配役に猛反発。原作の地味な薄幸美人という印象とはかけ離れたイメージの剛力にバッシングがあった。

    わずか20歳にしてCM10本以上の売れっ子となっていた背景には、剛力をプロモーションする意味で、彼女へのギャラを安く設定し、起用されやすくしたものだと聞いたが、なにしろ歌手としてデビューしたり映画の声優をやったりしたかと思えば、その一方でサッカーやプロレスがらみの仕事に駆り出されたりと、場違いに見える仕事は多かった。その所属事務所の努力が逆に人気を低下させた。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    ※関連スレ
    【芸能】〝ゴリ推し女王〟剛力にも逃げられ…タレント大量離脱でオスカーの「バーター力」に陰り [鉄チーズ烏★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598953662/
    【芸能】#剛力彩芽「父のような会長に感謝」オスカー退社、独立報告 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598867488/


    (出典 portal.st-img.jp)


    【剛力彩芽のオスカー退所は「ゴリ押し女優」の宿命?!縛られ続けた形が…。】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,861 語) - 2020年9月6日 (日) 06:20



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    女優で下着つけずな人はいっぱいいるからな!
    インパクトはないな。

    1 Egg ★ :2020/09/06(日) 19:42:24 ID:CAP_USER9.net

    本人は精一杯の爆弾発言をしたつもりかもしれないが……。

    9月1日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に女優の剛力彩芽が主演。家では下着をつけない派であることを告白した。

    「剛力は、小学校1年の時から『モデルになりたい』と強く思うようになったといい『とにかく身長伸ばしたかったんで、女性らしくなってくると、
    身長伸びにくくなると言われてから、できれば下着つけたくない。(家では)下着つけてないです』と明かしました」(テレビ誌ライター)

    タレント美女がリップサービスで「全裸告白」をすることはあるが、艶っぽさとは無縁のボーイッシュ売りをしてきた剛力とあって、
    ネット上でも「誰得情報だよ」「はいはいセクシーセクシー」「ブラしない人なんて山ほどいるわ」と辛らつな意見が目立った。

    “ブラのみ”という中途半端な告白となった剛力だが、女優の中には生粋の「全裸生活者」も多い。

    「仲里依紗は1月期のドラマ『10の秘密』(フジテレビ系)の制作発表の席で、タイトルにちなんで“初めて明*秘密”を質問されると、
    『家ではパンツをはいてない。*です』とカミングアウト。一方、美容オタクと知られる深田恭子は、自宅の部屋のいたるところに鏡が貼り付け、いつ何時でも全裸姿を目視できるようにしているのだとか。

    また、元欅坂46の今泉佑唯は、6月17日のラジオ番組で、外出時にも*生活をしていると宣言。洗濯が面倒というのが理由だそうですが、『スカートの時こそ私は穿かないです!』と言うから驚きです。
    他にも、長澤まさみ、優香、川栄李奈、中村アンがパンツのゴム紐の締めつけで血行を妨げない*健康法を実践していると聞きます」(芸能記者)

    8月末をもって所属のオスカープロモーションを退社した剛力。突然の艶アピールは今後を見越した軽めのジャブといったところか。

    2020/09/06 00:00文=日刊サイゾー
    https://www.cyzo.com/2020/09/post_251977_entry.html?utm_source=nikkan&utm_medium=tab&utm_campaign=ctr

    写真

    (出典 www.cyzo.com)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    【《剛力彩芽》気合いの『ノーパン告白』も…他にもたくさんいて、話題にもならず…。インパクトなし!】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    ここまで退社していくのは必ず理由があるだろな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/01(火) 18:47:42 ID:CAP_USER9.net

    2020年09月01日 16時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2134194/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


     所属タレントの大量離脱に見舞われている大手芸能事務所「オスカープロモーション」が八方ふさがりだ。

     米倉涼子、岡田結実、ヨンア、長谷川潤、忽那汐里がすでに退社しているが、8月31日には堀田茜、紫吹淳、剛力彩芽、福田沙紀が続いた。

     ワイドショー関係者は「藤田ニコルもオスカーと待遇をめぐって交渉中で、退社も選択肢に入れているとされます。検討しているタレントはほかにもいて、歯止めがかからない状況です」と話す。

     そのいずれもが円満退社となっているが、もはや同社は?去る者は追わず?のスタンスになってしまっているという。問題なのは、同社の収入が減るというだけではない。これから露出を増やしていかなければならない所属タレントにもシワ寄せがくることだ。

    「有名どころが抜けると、いわゆる?バーター出演できなくなるのが痛い。バーターというとネガティブなイメージがありますが、女優を育てる貴重なチャンスでもあるんですよ。剛力さんなんか?ゴリ推し女王?とまで言われましたからね。例えば、オスカーは『ドクターX』(テレビ朝日系)など米倉主演のドラマに、所属タレントを押し込んできましたが、大ヒットを期待できる地上波ドラマに出演できることは、相当な強みでした。それができなくなった」(テレビ関係者)

     もちろん、上戸彩や武井咲、菊川怜などドラマの主演級も残ってはいるのだが…。

    「結婚して子供もまだ小さいので、単発ならともかく、連続ドラマをブッキングするのはなかなか難しい。上戸は、7月期のドラマ『半沢直樹』に出演していますが、これは高視聴率を計算できるからメリットがあった。やはり限度はあるんですよ」(同)

     どんどんジリ貧になっていく?美の総合商社?の着地点が見えない。


    【ゴリ推しの剛力彩芽も離脱。オスカーの悲劇。大量退社でどうなるの?】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    前澤との交際で全てが変わった感じがするよな!

    1 冬月記者 ★ :2020/09/02(水) 20:10:08.85 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/66486d91d42695c38b280f55f68a526c70953a32

    「剛力彩芽」オスカー退所に感じていた負い目 前澤交際で“色”、バーター出演にストレス


     8月31日、女優の剛力彩芽(28)が、オスカープロモーション退所を正式に発表した。これに先立ち剛力が芸能事務所を興していたことを、週刊新潮7月9日号が報じたが(「『剛力彩芽』独立へ 前澤友作氏支援で子会社を設立、『アンビリバボー』降板か」記事参照)、彼女の心は事務所設立から数カ月間、独立を巡って揺れ動いていたという。ついに「育ての親」であるオスカー、そして古賀誠一会長と決別した胸の内とは――


    「彩芽は、かつてないほど悩みました」
    と明*のは剛力の知人。

    「まず、彼女は、尊敬していた米倉涼子さんが今年4月に独立したことに、強いショックを受けていました。米倉さんが独立した4月前後が、彩芽が本格的に退所を考えるようになった時期です。契約が給料制から歩合制に変わったので、自らの事務所設立は税金対策という目的もあったでしょう。ですがいま振り返れば、まちがいなく独立への布石でしたね。同時に、次々とオスカーからタレントが独立していくなかで、自分が事務所に残り続けることに不安を覚えるようになった。それは彼女自身が自分の“立ち位置”をきちんと把握していたからなんです」

     立ち位置とは、いかなるものか。

    「前澤さんと付き合い、それがSNSにアップされることで、自分にはどうしても拭いきれない“色”がついてしまった。彩芽はそういう負い目も感じていました。そんな自分の仕事を、オスカーが無理をして他のタレントと抱き合わせのバーターなどで取る。そこにすがることもできるけれど、彩芽はそれをストレスに感じ、独り立ちすべきだと思い至ったわけです」(同)


     また、オスカーの古賀前社長が会長に退いたことも大きかったようだ。

    「剛力さんがオスカーの看板となることができたのは古賀会長が目をかけたから。オスカーのタレントも社員も、そして剛力さんも“古賀組”を自負して歩んできたわけです」(事情通)

     だからこそ、退所すると決めたのちも、剛力は最後まで会長と袂を分かつことについて、悩み苦しんだのだという。

     9月3日発売の週刊新潮では、退所が相次ぐ“オスカー帝国崩壊”のほか、退所後の剛力の仕事事情についても詳報する。


    「週刊新潮」2020年9月10日号 掲載


    (出典 taishu.jp)


    【《剛力彩芽》オスカー退所の裏に前澤交際で拭えない自分の色が…かつてない程に悩んだ模様。。】の続きを読む

    このページのトップヘ